健康体を作り出す方法|糖尿病食は宅配してもらおう

笑顔

献立を工夫して

和食

自覚症状が少ない

腎臓は左右に一つずつある臓器で一部分に障害があっても、腎臓のほかの組織が機能を補うために自覚症状がなかなか現れません。このことが腎臓病の発見を遅らせる最大の原因になっています。腎臓病が進行していくとやがて腎不全になってしまい、それを悪化させてしまうと機能が失われていき透析療法や腎臓移植が必要になってきます。普段から腎臓に負担をかけない食事を行って、少しでも長く腎臓の機能を使えるようにすることが大切になってきます。腎臓病に特効薬はなく腎臓をできるだけ長持ちさせて大切に使うため腎臓の負担にならないような食生活に切り替えることも考えていかなければなりません。腎臓の機能が低下したならば腎機能に食事を合わせていく必要が出てきます。

献立を考える

腎臓病の治療では食事療法が大変に大切になってきます。自分で食事療法をするときには医師からの指示を受けて摂取する栄養の量とエネルギー量を守りながら献立を作っていかなければなりません。腎臓病の食事療法ではその病気や状態によって制限される栄養成分や量が異なってきます。一般的にはタンパク質や塩分、カリウムやリンなどを摂取する量を制限して腎臓の機能を回復させていくのが通常です。食品の成分やそれが含まれている量、エネルギー量がわかるようにして食事を考えていかなければならないことになります。自分の腎臓の症状に合わせて栄養成分の調整を行っていかなければなりません。またこまめに計画立てて食事の献立を考えることも重要なことになってきます。